世界で一つの……

プロジェクトに名前を付けるとき、あとで検索されることを考えて「世界で一つ」であって「意味が伝わる」ことを狙っている。2007 年 Laval Virtual の Chronospheria は Chrono + Sphere で、「時間を制御できる球面ディスプレイ」という我ながら名作。あらかじめ Google で世の中に存在しないことを確認してつけた。Google で Chronospheria を検索
今年の「Scoop-and-Release」は、釣りの「Catch and Release」のもじりでつけたが、Google チェックしていなかったので、アメリカのクッキー製造器と名前が一緒(うちにはハイフンがつくのが正式)であることがあとでわかってちょっとへこんだ。だが! 最近では Google でもうちの方が上位に来るようになって、やっぱりちょっと自慢。Google で Scoop-and-Release を検索

This entry was posted in Laval Virtual, 出原ゼミ and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.