Griffin PowerMate を Linux で使う

今回は入力デバイスにはあまり凝らないで、Griffin PowerMate を使うことにした。公式には Windows/Mac の対応だが、まあ Linux(Fedora) で使えないこともあるまいとたかをくくって発注した。

Fedora はネイティブでドライバは持っているようなので、あとは 参考サイト にもとづいて、udev のルールを記述すれば使える。と思ったら、なぜか input グループに読み取り許可がつかなかったので強制変更。

cat /dev/powermate

で動作確認後、powermate-1.0 を make して動作確認する。と、見つからない。findpowermate.c がデバイスの名前に ‘powermate’ を期待しているが、返ってきているのは ‘Griffin PowerMate’ なので、修正後再構築。ちゃんと動いた。これで、少なくともキーボードは見せずにすむ。

This entry was posted in Laval Virtual, 作業メモ and tagged . Bookmark the permalink.

One Response to Griffin PowerMate を Linux で使う

  1. idehara says:

    挿しなおすたびにパーミッションが元に戻って鬱陶しいと思っていたら、udev の評価順の問題だった。

    /etc/udev/rules.d/ の中で、hal.rules より後に呼ばれなければならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.