Leap Motion Controller 開発環境 on Fedora 19 + Eclipse

引き続き開発環境の整備を継続する。Leap Motion Controller のアプリケーション開発を、Fedora 19 + Eclipse CDT 環境で準備した。なぜ未だにC++なのか? 一番細かいことができるからである。様々なツール環境の便利さを重々承知の上で言うが、お手軽環境に慣れてしまうと、お手軽環境でできることしか発想できなくなる気がして怖いのだ。

試行錯誤の上で、次のような手順で開発環境が手に入った。正しいかどうかは保証の限りではない。

  1. /usr/lib64 に、/usr/lib64/Leap のライブラリのシンボリックリンクを作成 ( # ln -s /usr/lib64/Leap/* /usr/lib64 )
  2. /usr/lib に、/usr/lib/Leap のライブラリのシンボリックリンクを作成(不要かも) ( # ln -s /usr/lib/Leap/* /usr/lib )
  3. Eclipse CDT 環境を準備(既に入っていたので詳細は省略) Fedora 19 で Keplar に上がっていた。
  4. C++プロジェクトを作成し、include パスを指定する。また、ライブラリに Leap を指定する(これで libLeap.so を読みに行く。最初うっかり libLeap を指定してしばらくハマった)。
  5. SDK の samples 内の  Sample.cpp を参考にしながら、Listner を継承したクラスを作成する。私は、main と他のクラス定義とは分離しないと気がすまない。
#include 
#include 
#include 
#include "MyListener.h"

using namespace std;
using namespace Leap;

int main() {
	  // Create a sample listener and controller
	  MyListener listener;
	  Controller controller;

	  // Have the sample listener receive events from the controller
	  controller.addListener(listener);

	  // Keep this process running until Enter is pressed
	  std::cout < < "Press Enter to quit..." << std::endl;
	  std::cin.get();

	  // Remove the sample listener when done
	  controller.removeListener(listener);

	  return 0;
}
This entry was posted in いたずら, ソフトウェア, 作業メモ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.