RMySQL on Fedora

RMySQL をクリーンインストールした Fedora にインストールしようとしてハマっている記録。

install.packages(‘RMySQL’)

→ libmysqlclient が見つからないと言われる

configure スクリプトのエラーメッセージを強制的に表示してみる

→ gcc: error: /usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-cc1: No such file or directory

ざっと検索して rpm-build パッケージが必要であると判明する

→ dnf install rpm-build

最後でコケる

Error in dyn.load(file, DLLpath = DLLpath, …) :
unable to load shared object ‘/usr/lib64/R/library/RMySQL/libs/RMySQL.so’:
libmariadb.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory

(続報)

ルートで入って /usr/lib64 に入れようとするとコケるが、ユーザで入ってユーザのホーム下に入れることは可能だった。原因不明だが、動いたので良しとする。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to RMySQL on Fedora

  1. idehara says:

    更に続報(Nov. 2016)
    Fedora 24 では、ユーザアカウント側からもインストールに失敗する。現在調査中。

    R 3.3

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *