年度末サーバ管理

毎年恒例、講義のない年度末を利用したサーバ管理の時期がやってきます。今から、構想開始。今回は、メインサーバを SSD + HDD RAID 運用に変更しようと思います。

現行 (sd[ab] = HDD)

/dev/sda1      469282508  7462692 437974940   2% /
/dev/sdb1      205435792 44654428 150339116  23% /var
/dev/sdb6      100992184 77537852  18317552  81% /home

要するに、システムに 8G/470G、2台めに var 50G/200G, home 80G/100G で使用中。この HDD に移行したのは、IDE のミラーが異音を立て始めたときで、やっつけでドライブをまるごとコピーしたため、3TB HDD を 300GB しか使っていないし、開始セクタが 64 だし、セクタ境界が物理境界をまたいでいるし、わやくちゃ。さらに、ミラーリングなしの崖っぷち。

これを、システムに SSD 120G, 2〜4台目を raid1 + backup として、var 1T, home 2T 程度を割り当てたい。

予定 (sda = SSD, md = HDD RAID)

/dev/sda1           /
/dev/sda2           /usr
/dev/md0      1T    /var
/dev/md1      1T-16G    /home
/dev/sdb2           swap 16G
/dev/sdc2           swap 16G
/dev/sdd2           swap 16G

md0 <- sd[cd]1, spare sdb1 1T
md1 <- sd[cd]3, spare sdb3 1T-16G
This entry was posted in いたずら, 作業メモ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.