github classroom に挑戦

今年度のウェブプログラミングの講義は、github classroom を使ってみる。これまでにわかったこと:

  1. 講義資料は、資料作成用の団体を作成して、1課題1レポジトリで作成する。
  2. 課題管理には、別に課題管理用の団体を作成し、クラスルームからのアクセス権を与えてやる。
  3. 宿題リンクは、それがわかっていれば誰でも参加できてしまうので、公開できない。
  4. 学生の github アカウントと学籍情報を結ぶ仕組みは、要望としては上がっているが、まだ実装されていない。

年度ごとに別の課題管理団体を作成することで、同じ資料を使うことができる。

This entry was posted in github classroom. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *