Category Archives: 教育

github classroom に挑戦

今年度のウェブプログラミングの講義は、github classroom を使ってみる。これまでにわかったこと: 講義資料は、資料作成用の団体を作成して、1課題1レポジトリで作成する。 課題管理には、別に課題管理用の団体を作成し、クラスルームからのアクセス権を与えてやる。 宿題リンクは、それがわかっていれば誰でも参加できてしまうので、公開できない。 学生の github アカウントと学籍情報を結ぶ仕組みは、要望としては上がっているが、まだ実装されていない。 年度ごとに別の課題管理団体を作成することで、同じ資料を使うことができる。

Posted in github classroom | Leave a comment

GitHub Classroom

こんなのが来た。ゼミの新2年生には覚悟してもらおう。 GitHub Classroom.

Posted in 出原ゼミ | Leave a comment

Laval Virtual 2017!

今年も Laval Virtual での展示審査に、学生プロジェクトが通過した。今年は、「AR 世界で共同作業!」といいつつ、何をするかといえば、スイカ割り。 果たして日本のスイカ割り文化は、フランスで受けるのか? 乞、ご期待。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

ゼミ室鍵管理システム

ゼミ室が、電子錠のない部屋に引っ越しになった。他のゼミが、何万円かかけてスマホから解錠する製品を買っている中、うちは、学生が、RaspberryPi とサーボモータとカードリーダを使って、学生証による解錠システムを構築して運用を開始した。登録管理のウェブインターフェース付き。 いまなら早期割引1万円+部品代で受注いたします。また、年間 3,000 円で管理契約も承ります。ご検討のほど、よろしくお願いします。 😛

Posted in いたずら, ソフトウェア, ハードウェア, 出原ゼミ | Leave a comment

Project Abyss 展示採択!

多摩大学出原ゼミナール+フランスの大学ESIEAの共同プロジェクト「Project Abyss」が、今年度の Laval Virtual ReVolution 部門において「Welcome」クラスで採択された。 昨年は学部卒業式と重なってしまって残念ながら応募見送りになってしまたが、見事に返り咲きである。特に今年は完全に学生プロジェクトとして動いており、しかもいくつかのゼミからそれぞれの個性を生かした個人が集まってチームになっている点で、教員としては大変楽をさせてもらっている。自己満足に陥ることなく、他の人に実際に使ってもらえる仕組みを提案して評価を受けることで、実践的な開発力が身につく。「経営」を冠する学部で、これだけ実践的に情報技術を鍛えている大学は多くはあるまい。 展示はフランス Laval で、4月9日~13日まで開催される。その前後で、ESIEA Laval 校と ESIEA Paris 校の学生さんと交流し、帰国と同時に今度は ESIEA からの留学生2名を迎えて学内でプロジェクトが立ち上がる。出原ゼミでは、共通の目的もなく「英語で日常会話して友達ができました」というレベルでは「国際交流」とは呼ばない。 多摩大学の設立理念「国際性・学際性・実際性」は、25年たっても少しも色あせていない。かなりの古狸になって、少しは大学に貢献できているだろうか。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

今年も Laval の季節がやってきた

今年も Laval Virtual の季節がやってきた。今年のプロジェクトは、ゼミ4年生の後木君のコードを元にして、WiFi ビーコンを用いた位置推定技術を利用した第二言語学習システムを組み上げた。無事審査を通過し、展示することができる! 位置推定には基本的に学生の作成したコードを使用し、少々真面目に統計処理を加えた独自アルゴリズムを用いている。まだまだ改良の余地があるが、一部屋での推定なら充分使える。デバッグ中にスペイン語とイタリア語の語彙が増えた。システムの有効性を物語っている。 建物じゅうアンテナだらけの多摩大学であれば、かなり細かい位置測定が可能だろう。この位置検出基本システムを使ったアプリケーションの開発に他の学生が取り組むことを期待したい。

Posted in Laval Virtual, ソフトウェア, 多摩大プライド | Leave a comment

25万戸停電!そのときサーバは?

今年の初めにUPSが壊れて、そのままになっていました。なのでいきなり電源断です。 おそるおそる再起動をかけたら、fsck がいくつかメッセージを吐きましたが、何とか無事だったらしい。むしろ、気のせいか、再起動後サーバの動作がきびきびしているような気が…… ビジネスゲームの方では、6人くらいの学生がログイン中だったようです。直前に、価格変更とか購入とかもあったようなので、もしデータに不審な点があったら遠慮なく連絡ください。一応、トランザクションの最中に落ちたような形跡はなさそうです。 ともあれ、UPS一台買っておくことにします。

Posted in 作業メモ, 経営基礎2 | Leave a comment

経営ゲームアップデート(~rev. 288)

事故 ついさっき、2限開始直前に、管理用のブックマークを間違えて操作して、いきなり第5期に突入させてしまう事故が発生しました。こういう時に限って、3〜4期に手動で調整を行っていて、えらいことになりました。もっとも、今回は昨日試行錯誤した結果を使うだけなので、地道に処理を繰り返して事なきを得ました。 #改良 すべての経済活動がログに記録されるようになりました。(これまでは一部の活動のログしか取っていませんでした) #バクフィックス 期首の剰余金計算が間違っていました。さかのぼって修正されています。利益処分に関する罰金については、少なめに計算されてしまっていますが、修正は行いません。このため、財務諸表上は違法行為であるように見えても、今年度に関しては違法でない場合がありますので、株主総会では注意してください。 減価償却の計算で丸め誤差があり、数値が1T食い違う場合がありました。現在はさかのぼって修正されています。 #現在の要望・分かっている不具合 誰でも見られる「個人一般情報」ページを作りたい。 企業ホームページへのリンクを入れたい。 会社ロゴがアップロードできるようにして欲しい。 参加者同士・企業同士でメッセージが交換できる仕組みが欲しい。

Posted in ソフトウェア, 経営基礎2 | Leave a comment

経営ゲームアップデート(~rev. 279)

まだゼミ室。今日はそういえばゼミ志望締切り日でしたね。多摩大学の場合、入学時点ではなく、この選択で人生が決まるといってよいでしょう。 「楽なゼミ」と「楽しいゼミ」は、一般に両立しません。もし両立しているように見えるゼミがあるとすれば、それは、将来の可能性を消費して成立しているはずです。ゼミ選びは慎重に。 #改良 販売実績が全くない製品も、財務諸表ページの販売実績表に現れるようになりました。 企業公開情報の閲覧が、ユーザログインだけでOKになりました。 ポイント獲得の履歴で、投資配当の詳細が表示されるようになりました。 #バクフィックス 設備投資による生産能力の変化の確認画面で、変化元の数値が基本値から現在値に修正されました。 #現在の要望・分かっている不具合 誰でも見られる「個人一般情報」ページを作りたい。 投資配当の履歴に「どこからの配当か」を表示したい。 企業ホームページへのリンクを入れたい。 会社ロゴがアップロードできるようにして欲しい。 参加者同士・企業同士でメッセージが交換できる仕組みが欲しい。

Posted in ソフトウェア, 経営基礎2 | Leave a comment

経営ゲームアップデート(~rev. 261)

画面上を猛スピードで流れるアクセスログを眺めながら、一人悦に入っています。はっはっはっ。 なお、個人ランキングについては、第3期終了までは公開しない予定です。 #改良 消費者リスト、投資者リストが表示されるようになりました。 商品詳細説明の有無を、商品リスト上であらかじめ確認できるようになりました。 製品投入時の価格設定で、0が入力できないようにしました。 #バクフィックス 経営会議のトップページのテーブルヘディングの表記が間違っていました。 広告宣伝効果係数の確認画面表示の数値が正しくなりました。 「配当性向」という用語の使い方が間違っていました。 #現在の要望・分かっている不具合 △販売実績が全くない製品は、財務諸表ページの販売実績表に現れない。 △設備投資による生産能力の変化の確認画面で、変化元の数値に、現在の値ではなく基本値が表示されている。 △企業公開情報を見るために、自社へのログインが必要になっている。 誰でも見られる「個人一般情報」ページを作りたい。 投資配当の履歴に「どこからの配当か」を表示したい。 ポイント獲得の履歴で、投資配当の詳細を表示したい。 企業ホームページへのリンクを入れたい。 会社ロゴがアップロードできるようにして欲しい。 参加者同士・企業同士でメッセージが交換できる仕組みが欲しい。

Posted in ソフトウェア, 経営基礎2 | Leave a comment