Category Archives: 出原ゼミ

GitHub Classroom

こんなのが来た。ゼミの新2年生には覚悟してもらおう。 GitHub Classroom.

Posted in 出原ゼミ | Leave a comment

Laval Virtual 2017!

今年も Laval Virtual での展示審査に、学生プロジェクトが通過した。今年は、「AR 世界で共同作業!」といいつつ、何をするかといえば、スイカ割り。 果たして日本のスイカ割り文化は、フランスで受けるのか? 乞、ご期待。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

ゼミ室鍵管理システム

ゼミ室が、電子錠のない部屋に引っ越しになった。他のゼミが、何万円かかけてスマホから解錠する製品を買っている中、うちは、学生が、RaspberryPi とサーボモータとカードリーダを使って、学生証による解錠システムを構築して運用を開始した。登録管理のウェブインターフェース付き。 いまなら早期割引1万円+部品代で受注いたします。また、年間 3,000 円で管理契約も承ります。ご検討のほど、よろしくお願いします。 😛

Posted in いたずら, ソフトウェア, ハードウェア, 出原ゼミ | Leave a comment

Project Abyss 展示採択!

多摩大学出原ゼミナール+フランスの大学ESIEAの共同プロジェクト「Project Abyss」が、今年度の Laval Virtual ReVolution 部門において「Welcome」クラスで採択された。 昨年は学部卒業式と重なってしまって残念ながら応募見送りになってしまたが、見事に返り咲きである。特に今年は完全に学生プロジェクトとして動いており、しかもいくつかのゼミからそれぞれの個性を生かした個人が集まってチームになっている点で、教員としては大変楽をさせてもらっている。自己満足に陥ることなく、他の人に実際に使ってもらえる仕組みを提案して評価を受けることで、実践的な開発力が身につく。「経営」を冠する学部で、これだけ実践的に情報技術を鍛えている大学は多くはあるまい。 展示はフランス Laval で、4月9日~13日まで開催される。その前後で、ESIEA Laval 校と ESIEA Paris 校の学生さんと交流し、帰国と同時に今度は ESIEA からの留学生2名を迎えて学内でプロジェクトが立ち上がる。出原ゼミでは、共通の目的もなく「英語で日常会話して友達ができました」というレベルでは「国際交流」とは呼ばない。 多摩大学の設立理念「国際性・学際性・実際性」は、25年たっても少しも色あせていない。かなりの古狸になって、少しは大学に貢献できているだろうか。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

イベント JAPAN 2009 出展

5/12-13 に、イベント JAPAN 2009 出展企業フォーシーズンに技術協力の形で、出原ゼミから作品を出展した。モノは、お化け屋敷システムのなかの、歩く来場者をにらみつづける大入道(の眼)。会場が暗いこと・引きが取れないことを想定して、ドアスコープ併用型超広角赤外検知カメラを持ち込んだ。しかし、実際は大入道の設置場所は通路に面していて、会場のライトで煌々と照らされているは、通路の反対側のブースの動きにまで反応するはで、過剰検出の嵐となった。検出範囲を絞りに絞って、何とか正常動作に持ち込む。 2日間・可動部なしの展示なので、このくらいなら安定動作させるのはお手の物である。もっとも、ぎりぎり日曜までカメラの固定用にアルミ部材の加工をしていたのはちょっと忙しかったが。 周りの出展やステージも、プロ意識を感じさせる質の高さであった。(一部例外あり) 今後のゼミ生の展示において、かなり参考になると感じた。来年はゼミ生を送り込みたいものだ。 今回のシステムが本格採用されるかどうかは、今後の展開次第。

Posted in ソフトウェア, ハードウェア, 出原ゼミ | Leave a comment

序;Laval Virtual 紀行(1)

今年もやってきました Laval Virtual シーズン。新学期早々10日ほど大学を空けるという乱暴な予定で、無茶な代講のお願いを快くお引き受けくださった先生には感謝の申し上げようもありません。ありがとうございました。 ブログ本来の目的からいうと即時記述が基本でしょうが、なにぶん渡航期間中は、朝起きてから夜倒れるまで体力の限界に挑戦する毎日が続きますため、夏休み終盤の小学生のように、個々の記録をもとに日付をさかのぼって再現することと致します。 というわけで、土曜日です。過去に朝集合・移動・搭乗を行った際にトラブルが発生した経験から、ここ3年ほど成田前泊を入れています。日航系列のホテルなのでホテルでチェックインを期待しましたが、コードシェア便ではダメだとか。残念。 今年は学生作品ではなく学生が参加するかどうか応募段階では不明だったため、最悪大人2名で運搬できる機材になるよう作成段階から配慮しました。それでもトランク2つ+持ち込み手荷物2つ+身の回り品小袋にぎゅうぎゅうに詰め込むことに。3年の岩下君が途中から開発に加わり同行することになり、岩下君の分の預け入れ荷物枠を空けておくことで、最悪の場合でも重量オーバーを回避する作戦に出ました。 前泊の利点は、聖蹟からのバスが利用できること。後ろの時間が厳しくないので、時間が読めないバスでも問題なく、乗ってしまえば荷物を抱えた乗り継ぎもなくそのまま成田着。便利便利。とにかく、体力を温存せねば。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

Log は語る~最近の生活

この間、講義も会議もこなしつつ…… Revision: 45 Author: idehara Date: 19:25:35, 2009年4月15日 Message: Improved Sensor Accuracy, stable version —- Revision: 44 Author: idehara Date: 13:51:54, 2009年4月15日 Message: Latency Improved Version, Stable —- Revision: 43 Author: idehara Date: 21:06:13, 2009年4月14日 Message: —- Revision: 42 Author: … Continue reading

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged , | Leave a comment

追い込み

最後の追い込み。音を入れると一気に臨場感が増すのが面白い。 日曜にテストプレイヤーYに初見で操作してもらったところ「そういうすくい方をするか」というすくい方をされたので、対応した。また、操作が速すぎるときに、すくうアクション・逃がすアクションを取りこぼしてしまっていたのを修正した。逃がすときに場所を選べるようにした。(テストプレイヤーYの遊び方にヒントを得た) やはり初見のテストプレーヤーは重要である。アニメーションは、結局ぱらぱらアニメで行くことにする。 専門家用に、メダカ雄雌判別クイズ版を作ることにする。これならアニメーション不要で、教育目的としても十分行けそうなので。一般展示は、魚の種類で遊んでもらおうと思う。 ボウルを机においた状態で中をのぞき込むと、ちゃんと中で泳いでいるように見える。外から見ることしか想定していなかったが、理屈から言えばそりゃちゃんと投影しているので動いて当たり前。お子様用に使えそうだと思う。 さあ、いよいよ明日はぱらぱらアニメを入れて連続稼働テストだ! #いきなり代講になってしまうプレゼミの学生諸氏よ、すまん。帰ってきたら、遊ぼう。

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged , | Leave a comment

世界で一つの……

プロジェクトに名前を付けるとき、あとで検索されることを考えて「世界で一つ」であって「意味が伝わる」ことを狙っている。2007 年 Laval Virtual の Chronospheria は Chrono + Sphere で、「時間を制御できる球面ディスプレイ」という我ながら名作。あらかじめ Google で世の中に存在しないことを確認してつけた。Google で Chronospheria を検索 今年の「Scoop-and-Release」は、釣りの「Catch and Release」のもじりでつけたが、Google チェックしていなかったので、アメリカのクッキー製造器と名前が一緒(うちにはハイフンがつくのが正式)であることがあとでわかってちょっとへこんだ。だが! 最近では Google でもうちの方が上位に来るようになって、やっぱりちょっと自慢。Google で Scoop-and-Release を検索

Posted in Laval Virtual, 出原ゼミ | Tagged | Leave a comment

応募完了

なにやら朝日新聞のウェブページを眺めていたら、よく存じ上げている方のお写真が。ご本人もご存じなかったらしい。まだ学内でもあまり知られていなさそうなので、明日は卒業式で皆さん集まっていることだし、広めてこようっと。 昨日、無事応募完了しました。18日消印有効(海外展示なのに 🙂 )のところ、23:45 ころに窓口到着。まあこれは余裕でしたな。DVDのケースだけ入れて、中身のディスクを入れ忘れかけたのは愛嬌ということで。

Posted in 出原ゼミ, 多摩大プライド | Leave a comment